カテゴリー別アーカイブ: 雑記

Pokémon GOに飽きてしまった

2週間ほどで急に飽きてしまったポケモンGo。
飽きっぽい性格では無いつもりなのだけど。

Lv17までは上げてみたものの。
Lv17

飽きちゃった理由を考えてみた。

ポケモン育成ゲーというよりもポッポ&コラッタの捕獲&進化ゲーだった
捕獲しやすいポッポ&コラッタを集める→しあわせたまご使いながら進化させる→LvUpする、の繰り返し。しかもLvUPするとそのポッポ&コラッタすらも掴まえにくくなる(すぐ逃げる)という。
→ ポッポ&コラッタのくせになまいきな(ストレスフル)

ジム戦に勝つのがモチベーションにならない
強いジムでもポケモンの相性を合わせれば、連打だけで数匹は倒せる。
数匹倒す→名声減らす→自ポケモン回復させる→数匹倒す→名声減らす→自ポケモン回復させる、の繰り返し。最終的に勝っても、同様にしてすぐに取り返される。勝ってもあまり嬉しくないし、取り返されてもそれほど悔しくない。
→ ジム戦をやるガッツが足りない

ほしのすなが足りない
ポケモンを育てて強くするには「ほしのすな」と「あめ」が必要。
ポケモンが強くなってくると、育成に必要なほしのすなも少しずつ増えていく。
「ほしのすな」と「あめ」もポケモンをゲットすると入手できるけど、Lvが上がりポケモンが掴まえにくくなっても、もらえる量は変わらない。
→ スライム倒したのとドラゴン倒したので同じ経験値とかちょっと無理ゲー

育てたポケモンより野生のポケモンの方が強い
なけなしのほしのすなを使ってコツコツ育てたポケモンより、その辺にウロウロしているカビゴンとかの方が強かったりする
→ なんだかむなしい

他にもありそうだけどこんなところか・・・。

2つの陣営に分かれて争うIngressは「賽の河原の石積み」に例えられることがある。どんなに頑張っても相手にひっくり返されてしまい、また積み直しから始まるから。

ポケモンGoはIngressほどのチーム戦の要素は無いけど、ひっくり返される悔しさもあまり無いので、言わば「崩されない賽の河原の石積み」といった感じ。石はどんどん積みにくくなるけど、同じ石ばっかで変化も無いし、鬼に崩されるなら「また積みなおす」という目的もできるけど、それも無いのでいつまで積んでりゃいいのやら。

そんなこんなで。しばらくポケモンGoをやることは無いかな・・・。

でも、イーブイのしっぽフリフリはかわいい。
Eevee

少しと少々

絢が居間でゴロゴロしながら学校で配られた給食の献立表を見ていた。
すると、ちょっと不思議そうな顔をしながら「・・・をスコ・・・スコ・・・これなんて読むの?」と聞いてきた。
とある献立のレシピを見ていたようで、「それはショウショウと読むのだよ」と教えたところ、

「ショウショウ?『少し』じゃだめなの?」

と再質問。

「『少し』でもいいんだよ」と答えたものの、「少々」と「少し」の違いってなんだろう、という疑問が残った。

料理のレシピでは「塩少々」などと使う。「塩少し」、「塩を少し」だと違和感はあるけど、意味は同じ。この違いは恐らく慣れの問題。「スコシ」という音よりも「ショウショウ」の方が発音し易く、他に似た音も無いので誤解が少いということはありそう。

「だけ」や「ずつ」を付ける場合は「少し」を使う。
「塩を少しだけ」とは言うが「塩を少々だけ」とは言わない。
「水を少しずつ」とは言うが「水を少々ずつ」とは言わない。

また、人に待ってもらうときにかける言葉として「少々お待ちください」というものがある。
「少しお待ちください」、「少しだけお待ちください」でも意味は同じだけど、言い方によってはくだけたように聞こえたり、逆に冷たく聞こえたりもしそう。
「少々」の方が、安定して「丁寧な」言い方に聞こえる。

Google翻訳に聞いてみたら、どちらも「a little」だった。

・・・なんてことをつらつらと考えてみるも絢に説明できるでもなく。
日本語って難しいなと、あらためて思った次第。

Pokémon GO

Pokémon GOがアメリカでサービス開始され、人気大爆発中だそうで。
日本でのサービスインは未定。おそらく今月末くらい。

『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできるゲーム! 『Pokémon GO』は、2016年サービス開始予定!!

『Pokémon GO』公式サイト

ポケモンは全然やったことが無いので、盛り上がり所がよく分からず、いまいちピンと来ない。

しかし、我々Ingress AGの血と汗と涙の結晶が基礎となることで、少しでもこの盛り上りの役に立てたのなら本望である。

パイナップルの魅力

パイナップルが好きなわけです。
生も好きだし、ドライフルーツになっているのも好き。
むしろどっちかというとドライフルーツの方が好き。

つまり、フジパンのパインパンが大好きなわけで。
IMG_20160712_134739

どうやら季節限定で作っているようで、たまにしか店頭に並ばない。
なぜ「ぶどうパン」のように通年で製造販売をしないのか。解せぬ。

入手できないパイナップル継がりでいうと、東ハトのオールパインもそう。
2015年4月に出ていたとは知らなかった・・・。

みんな、もっとパイナップルの魅力を理解すべきだと思う。

東京ゴリンちゃんと牛マグロ

中川いさみ氏。漫画「くまのプー太郎」の作者。
独特の画風と不条理ギャグ満載な内容がとっても好みで。

Twitterにもたまにイラストを投稿するのだけど、だいたいパッと思いついたものをサッと書いた感じ。

東京オリンピックのマスコットキャラクター

このコメント

からの、これとか。

気持ち悪いと面白いの境界から、ちょっとだけ気持ち悪い方に倒れている感じが好き。
体調不良のときに見ると、少しダメージを受ける。

SaaSesにさよならを(こんにちはServersMan)

ブログのポスト先サーバーとして使っていたSaaSesからこんな連絡が来たのは、2月の終り頃。

【重要】SaaSesサービス終了と利用契約約款改訂のお知らせ

いつもSaaSesサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

このたび、SaaSesのサービス内容をリニューアルし、2014年4月1日より、法人向けクラウドサービス「SaaSesクラウド」として提供させていただくこととなりました。

これに伴い、現在ご利用中の「SaaSes」は、お客様のご契約期間満了日をもって提供終了とさせていただきます。

月々500円の安サービスに多くを望んでいたわけではないけれど、こんなにあっさり終ってしまうとは。
でも、いつかこんな日が来るんじゃないかな、とも思っていた。

で、乗り換えた先はDTIのServersMan@VPS
月額500円という費用は変わらずに、メモリは500MBから1GBに。

CPUは2コアに。

SaaSes Osukiniサーバー LT

$ cat /proc/cpuinfo
processor	: 0
vendor_id	: GenuineIntel
cpu family	: 6
model		: 23
model name	: Intel(R) Core(TM)2 Quad CPU    Q8400  @ 2.66GHz
stepping	: 10
cpu MHz		: 2667.422
cache size	: 2048 KB
fdiv_bug	: no
hlt_bug		: no
f00f_bug	: no
coma_bug	: no
fpu		: yes
fpu_exception	: yes
cpuid level	: 13
wp		: yes
flags		: fpu tsc msr pae mce cx8 apic mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx lm constant_tsc up pni monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr sse4_1 lahf_lm
bogomips	: 6670.33

ServersMan@VPN Entry

$ cat /proc/cpuinfo
processor	: 0
vendor_id	: GenuineIntel
cpu family	: 6
model		: 26
model name	: Intel(R) Xeon(R) CPU           L5520  @ 2.27GHz
stepping	: 5
cpu MHz		: 451.493
cache size	: 8192 KB
physical id	: 1
siblings	: 8
core id		: 0
cpu cores	: 4
apicid		: 16
initial apicid	: 16
fpu		: yes
fpu_exception	: yes
cpuid level	: 11
wp		: yes
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe syscall nx rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts rep_good xtopology nonstop_tsc aperfmperf pni dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr pdcm dca sse4_1 sse4_2 popcnt lahf_lm ida dts tpr_shadow vnmi flexpriority ept vpid
bogomips	: 4521.55
clflush size	: 64
cache_alignment	: 64
address sizes	: 40 bits physical, 48 bits virtual
power management:

processor	: 1
vendor_id	: GenuineIntel
cpu family	: 6
model		: 26
model name	: Intel(R) Xeon(R) CPU           L5520  @ 2.27GHz
stepping	: 5
cpu MHz		: 451.493
cache size	: 8192 KB
physical id	: 0
siblings	: 8
core id		: 0
cpu cores	: 4
apicid		: 0
initial apicid	: 0
fpu		: yes
fpu_exception	: yes
cpuid level	: 11
wp		: yes
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe syscall nx rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts rep_good xtopology nonstop_tsc aperfmperf pni dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr pdcm dca sse4_1 sse4_2 popcnt lahf_lm ida dts tpr_shadow vnmi flexpriority ept vpid
bogomips	: 4521.28
clflush size	: 64
cache_alignment	: 64
address sizes	: 40 bits physical, 48 bits virtual
power management:

体感で分かるほどの違いは無いけれど、スペックあがったなー、という淡い満足感は得られる。
願わくば、末長くよろしく。

ブログお引越し

手動でhtmlを書いて近況報告をしていた頃から13年。blogツールのBlosxomに移行してから10年ほど経った。Blosxomの本体は更新が止まって久しいが、Pythonで実装された派生プロジェクト「PyBlosxom」は今も更新されている。シンプルな実装は相変わらずで、初めてBlosxomを見つけたときのワクワク感がまだそこにある。

しかし、spamコメントの排除などブログ管理が少し面倒になってきた。今からいろいろPluginを探るのもこれまた面倒。ホストしているサーバーも引越したし、思い立ってWordPressの環境を構築してみた。

今後はこちらを更新する。Blosxomの記事からは少しずつ移行するつもり。

たまる積ん読

しばらくサボっていたら宮部みゆきの文庫の未読がたまっていた。(文庫しか買わない派)

おそろし 三島屋変調百物語(角川文庫)
おまえさん 上(講談社文庫)
おまえさん 下(講談社文庫)
チヨ子(光文社文庫)
英雄の書 上(新潮社文庫)
英雄の書 下(新潮社文庫)

6作かぁ。ソロモンの偽証が文庫化される前に解消しないと‥。

ナウシカBD

ナウシカBD発売日。
まだ入手はしていない。

入手した人の評判をあれこれ見てみると画質が悪い、赤みがある、という意見が多数。
対して手塗りセル画の味がうまく出ている系の高評価もちらほら。

‥恐らく自分にはよく分からないだろうから問題無し。
‥‥試聴環境が無いから見るのはまだ先になるだろうし。
‥‥‥そもそも見るのが第一目的でも無いし。

パッケージに関する不満もちらほら。
中心がパッチンと止まるタイプではなくて、ムニッと抑えつけるタイプのものなのだそうな。
簡単に外れちゃう、とのこと。

‥少し気になるけど、まぁ初めてのものでも無いので許容範囲。
‥‥あまり見ることも無いだろう(VHS/DVDもあるし)から取り出す回数も少そうだし。
‥‥‥そもそも見るのが(略

気が向いたらどこかで買ってこよう。

斜め後ろを歩いている感じ

世間がiPadやスマートフォンで熱くなっているのだが、どうも自分の所にはその熱が届いてこない。


平日は一日の大半をPCの前で過ごし、外出することはほとんど無い。通勤は自転車で15分。家でも会社でも無線LANの傘の下にいる。携帯電話の料金は常に下限いっぱい(2000円くらい)で、無料通話分を使い切ることは無い。

地デジ対応TVはまだ買ってない。Blue-rayを見ることができる機械も持っていない。

世の中の流れに逆行しているつもりは無いが、同行もしていない。そもそも追いつこうとしていないので、おいていかれている実感もあまり無い。みんなよりも、少し斜め後ろの方をのんびり歩いている感じ、だ。

新しいデバイスを見ると欲しいなぁ、という物欲は湧いてくるものの、普段の生活の中でそれを使っている姿が想像できないので、なかなか食指が動かない。

モバイル、モバイルコンピューティングというものから、かなり遠く離れた所に自分が立っている気がする。『IT業界』と呼ばれる所で飯を喰っているのに、だ。


まぁ、遠く離れた所からじゃないと見られないものもあるはずなので、それは生かしていかねばと思う。