2017年4月の振り返り

琉は新高校生として新しい環境で新しい生活。
通学時間も距離も方法も変わり、授業の内容も中学とは比較にならず。
部活は引き続き陸上に。他にやりたいものも無かったのだが、中学の友達に誘われたのが一番大きいか。

玲は中学校生活2年目。部活では後輩もでき、高校受験も視野に入ってきた。
またあのピリピリした受験期間が来ると思うと気が重い。
身長がグイグイ延びており、あっという間に母を抜き去った。父までもう少し。

絢は3年生。まだまだ小学生らしい小学生という感じ。
初めてのクラス替えで、先生も友達も新しくなり、戸惑いながらも楽しく過ごしている。
小学校生活の折り返しに向かって、着実に、一歩づつ。

2017年3月の振り返り

入試が終ってからの琉は、放たれた犬のように遊びまくる‥ということもなく。
結果を気にしてブルーになる‥ということもなく。
卒業を迎えてセンチメンタルいなる‥ということもなく。
到って落ち着いた生活を過ごし、ほどほどに遊んで、存分に最後の中学生活を楽しんでいた。

そんな琉でもさすがに合格発表の日は緊張。そんな琉を見て親も緊張。

受験番号は11番。

張り出された紙に。

ありました。

一緒に合格発表を見にきた同じ中学の友達もみんな合格となり、ほっと一安心。
無事に終った開放感と、新しい生活に向けた高揚感で、笑顔があふれる。

よかったよかった。

その後、琉に聞いた受験勉強で大切なこと。

「体調管理。いかに自分のベストを出し尽くせるか。これに限る。」

とのこと。
どんなに勉強しても、寝不足や風邪気味で本番で力を発揮できなかったら意味が無い。

2017年2月の振り返り

■ インフルエンザ攻防戦
予防接種を受けていても羅患するときはするのだな、とあらためて認識。
ここ数年、インフルエンザの脅威から逃れ続けていた我が家であったが、今年はまず玲が発症。

月曜の朝起きてきて「ちょっと熱がありそうな気がするなぁ」などと言いながら熱を計ると37度を超えている。
熱があれば学校休めてラッキー、くらいの気持ちで計っていた本人が一番驚いた様子。
まぁそれでもこういう時期でもあるし受験生もいるしということで医者に行ってみたところ、見事にA型の陽性。

インフルエンザの場合、発熱から5日間、または解熱してから3日間のうち遅い方を基準に出席停止となる。
月曜日に発熱したので、最速でも金曜日までは登校できないということになり、土日も合わせて9連休が確定した瞬間だった。
しかも水曜日は定期テストだったのに。これ以上無いというひどいタイミングでの発症となった。

発熱初日は本人はいたって元気。体調不良よりも学校を休めることに高揚していたが、2日目以降は熱も39度近くまであがり、
さすがにまいった様子。食欲も無くなり、一日寝ている事が多くなった。
しかしそんなシオシオした様子も木曜日にはすっかり無くなり、暇を持て余すようになった。
一日家にいるのと合わせて、他の家族との接触をできる限り防ぐため別部屋に隔離状態なので、とても暇な様子。

お昼も好きなものを好きなように食べる。

それでも重症化もしなかったし、なんとか乗り切った、かな。

と思ったその翌週の火曜日。今度は絢が発熱。
こちらもA型の陽性だったが、おそらく学校でもらってきたものだと思われる。
ほどなく絢のクラスは学級閉鎖となり、名実共に療養週間となった。

玲から引き続き親も交代で看病、となる予定だったが、絢とほぼ同じタイミングで母が発熱。
検査では陰性だったものの、39度を超える急な発熱など症状はインフルエンザっぽいもので、
二人の子供たちよりも、よっぽど辛そうな様子だった。

そんなこんなで2月はほぼ半月、インフルエンザ攻防戦を実施していた。
今のところ受験生である琉と、のほほんとしている父はうつらず、防ぎきれたという感触。

■ 入試一週間前
琉の高校入試まであと一週間となった。
これまでの努力の結果か「いつも通りやっていれば大丈夫」という位置にはいるものの、それが逆にプレッシャーになっている様子もある。

「いつも通り」を実践すべく、必死になって勉強する、ということもなく、決まった時間に起きて決まった時間に寝る、という生活を繰り返す。
風邪と怪我に気をつけて、適度な緊張感を持ちつつ、本番に向けて淡々と準備を進めている。

入試まであと一週間。発表はそこからさらに一週間ちょい。
前を向いて、上を目指して、たくさん悩み、自分で決めた「ベスト」を尽くしたのであれば、結果はついてくるものだと思う。

初スキー

琉はいよいよ本格的に受験に向けての生活になっていく。

スキーに行きたくてウズウズする季節であるが、今シーズンは少しセーブせざるを得ない。

しかし、何度かは連れていかないと、玲と絢の気が済むまい。琉も1回も行かないというのはちょっと可哀想。(かえってストレスになりそう)

行くなら今しか無い!

というわけで行ってきた。今シーズンの初スキーは斑尾高原へ。
http://www.madarao.jp/ski/

まだ雪が少い部分があり、非圧雪コースのいくつかはクローズしていたが全体的な雪質は上々。天気は絶好で、日本海まで綺麗に見渡せた。

初滑りであったが子供たちはすっかり体が覚えているので、まるで昨日まで滑ってました、くらいな感じでスイスイと斜面に向かっていく。頼もしい。

コース内に不思議な施設があるのを見つけた。

棒。

空と並行に斜面から突き出している。
上に乗らないよう入口らしき箇所は閉鎖されているものの、あきらかに足跡らしきものが棒の上にあったりもする。バンジーにしては低すぎるし、ジャンプ台というわけでもないし。謎。

一日たっぷり楽しく滑って大満足。
これで琉も勉強に集中できるというものだ。

中国四川料理きりん

四川料理きりんでタンタンメンと半々チャーハンを。

タンタンメンを注文したところ「細麺でなくてよろしいですか?」と聞かれた。予想外の出来事に一瞬ハトみたいな顔をしてしまったが、細麺は好きなので「じゃそれで」とお願いした。

細麺があるのは知っていた。けど今まで頼んだことはない。「あぁ次は細麺にするつもりだったのにまた普通にしてしまった」と思った(口にしたわけではない)ことは何度かあった。聞かれたのは初めて。よっぽど細麺を食べたそうな顔をしていたのだろうか。

中国四川料理きりん
長野市中御所1丁目15−18

拉麺 空

2017年最初のラーメンは拉麺 空であら塩豚骨拉麺を。

いわゆる白濁の豚骨ラーメンではない、「なんとか豚骨/豚骨なんとか」という味は巷に溢れている。一時、「豚骨醤油」が流行りになった折は、いわゆる「家系」なラーメン屋に数多く行った。しかし、どれだけ評判が良い店に行ってみても、記憶に残る程の体験をすることはできなかった。結果、自分の中では「なんとか豚骨は、好みでない」という結論に落ち着き、あまり積極的に選択することは無かった。

ここの豚骨を食べるまでは。

何が違うのか表現することはできないけど、ここの豚骨系はとってもおいしい。
他のメニューも好みなのだが、おそらくこの塩豚骨を食べた回数が一番多いと思う。

2017年も最高のスタートを切ることができたといってよいだろう。

拉麺 空
長野市早苗町41-4

2016年年越し、2017年正月

年越し/正月は家族で実家へ。

年始休みが短めであったり琉の冬期講習があったりと、今回の正月はややドタバタ気味に過ごすこととなった。それでも紅白見たり、年越しそば食べたり、お年玉あげたり、箱根駅伝見たり、昼間から酒飲んだり、正月らしいことをしていれば、正月気分を味わうには十分だ。

そして年越し料理にカニはかかせない。これを見るとお年取りだなぁという実感が湧く。

今年も大きいトラブル無く過ごせますように。
(小さいトラブルは受け入れて生きていきます)

かくれ助屋

2016年最後のラーメンは「かくれ助屋」で白らぅめんを。
ひさしぶりに来たけど、変わらぬお味でおいしうございます。

長野市のラーメン事情は、助屋が話題になり始めた辺りから良い方向に変わっていった印象がある。系列店が増えたり減ったりしながらも、この店は以前から変わらず、同じ場所で同じ雰囲気で営業している。

味はもしかしたら変わっているのかもしれない。しかし自分にとってここは「かくれ助屋のラーメン」が食べられる唯一無二の場所であり、今の味の方向性が変わらぬ限りは、ずっと通い続けるであろうお店である。

かくれ助屋
長野市東和田934

長野市民会館の思い出

長野市役所の隣にある長野市芸術館。旧長野市民会館の後を継ぐ多目的ホール。

今年の5月に開館して既に通常営業しているが、外壁や外構の工事はまだ継続中。市役所新庁舎と共に全体的な完成はもう少し先になる様子。

その芸術館の裏手にあたる所。荷物の搬入口や関係者用の駐車場と思われるものが作られているが、そこに最近おもしろいものが設置された。

市民会館に馴染みがある人なら、なんとなく見覚えがあるものだと思う。正面壁に使われていた、特徴的な飾り格子の一部だ。色ガラスが使われており、正面が西向きだった市民会館では、夕方の西日が当たる頃にカラフルで幻想的な光景が内部から見られたものだった。

長野市民会館は建築家佐藤武夫のデザインによるもので、老朽化などの理由により2011年3月に惜しまれつつ閉館となった。こういう形で長野市民会館の思い出が残されていくのは良いことだと思う。

CT検査と結果

原発性アルドステロン症の原因調査のためのCT検査を受診。

CT検査を受けるのは初めて。同意書を書いたり造影剤の注意事項を聞いたり、検査前は軽くドキドキ感を味わった。かみさんは経験があるので「造影剤が入ると体がアツくなるんだよ~」などとドキドキ感を煽ってくる。

検査の6時間前から食べ物は禁止。2時間前から3回に分けて水を300ml飲む。600mlの水を買って半分ずつ飲んだが、喉が乾いているわけでもないので意外とつらい。ただお腹は思った程すかなかった(水でタプタプしてたからか)。

検査自体は10分程で終了。造影剤投入時の感覚は独特なもので、血液がこんなにも早く体を循環しているのかと驚いた。そして噂通りアツい感覚があった。それよりなにより、造影剤投入時に腕が痛いこと。看護師さんの「痛いとこ無いですか~」の問いに「痛いです。はい、痛いです。」と即答したくらい痛かった。

そんなこんなで、検査後30分ほどで検査結果確認の診察。特に腫瘍らしきものは見当らずということで、手術治療はせず薬で治療する方針となった。

今飲んでいるアダラートがよく効いているようで、うまいこと血圧のコントロールができている(平均で110/75くらい)のでそれを継続し、加えて抗アルドステロン薬のセララが処方された。

手術で根治を目指す方が分かりやすい気がするけれど、手術しないに越したことは無いという気もする。いずれにしても、しばらくは長い目で見た治療になりそうだ。

ちなみに、新しく処方されたセララは、名前の響きも可愛らしいが、パッケージもポップなデザインでなんだか和む。