Emacs Evernote mode

Xperia/iPadを買う決断をした理由の一つに、各種のWeb系サービスを本格的に使い始めた、というものがある。Twitter、Facebook、Salesforce、Google系‥。中でもEvernoteの存在は大きい。

Evernoteはいつでもどこでもなんでもとにかく「メモる」ことができるサービス。ChromeブラウザのアドオンからWebページをクリップすることと、各種のメモ書きを主な用途に使っている。

メモ書きの方。
一日のうちソース書くのとWebサイト見る以外、ほとんどの時間をEmacs上で作業している身としては、やはりEmacsからそのままEvernoteにアップロードしたい。で、利用しているのが、そのものズバリのEmacs Evernote mode。シンプルな動作で基本的な機能は網羅している。作者は日本の方で、ドキュメントもしっかりしていて大変分かりやすい。

Emacs以外に、ruby、w3mが必要だが、自分はWindows上でGNU Emacsを使っているので、Cygwinで関連ツールをインストールしている。他にもcygwin-mountを使うようにする必要があるが、それくらいで快適に使えている。

実に素敵。


これでEmacs上で使っているツールは以下のようになった。

・メール(Mew)
・チャット(Riece)
・辞書(sdic)
・2ch(navi2ch)
・Twitter(twittering-mode)
・Evernote(evernote-mode)

「Emacsはエディタではない。一つの環境である」をあらためて感じている。
あとはChatterのEmacsクライアントがあったら最高だな。探せばありそうだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。